So-net無料ブログ作成
検索選択

メタボリック最低知っておくべきこと! [ストレス]



 

警告!女性のメタボが急増・・・これだけは!

太っている人だけがなるのではありません。

夜中におトイレに行く人・・・要注意!

メタボリック→動脈硬化→糖尿病2型→足の切断→合併症→死亡

足のむくみ・だるさ・・・メタボリック→動脈硬化→慢性腎不全→人工透析

突然・・・時間症状なしメタボリック→動脈硬化→心不全→「死亡」

早期の治療 糖尿病は治りません→数値を抑える治療→健康寿命の維持

注意するべきタイプの人
太っていないから大丈夫・・・これ大間違え・・・!
内臓に脂肪が蓄積されると・・・お酒・運動不足・妊娠時・沢山の食事!

メタボリック予備軍の方は・・・生活改善・運動等の予防策を・・・!
メタボリックシンドロームYAHOO メタボリックシンドロームBLOOD-COM
メタボリックシンドローム症候群  メタボリックと成人病  血液サラサラコム  メタボBLLOD-COM2


メタボ特定健診受診・生活習慣病早期予防へ [ストレス]



福山市では特定健診受診を行うために、受診券を被保険者に発送したらしい。 

被保険者は、市が契約している市内約二百四十の医療機関で個別健診すれば1.500円、
市の施設などである集団検診なら一人千円で受診できる。
受診者のうち腹囲や血糖値などが一定水準を超えていれば特定保健指導を受ける必要がある。

市は受診しやすいように、個別健診の自己負担額を1.500円と、
1.800円だった従来の成人健診(医療機関での受診分)より低く設定。
コスト増を抑えるため、保健指導は本年度はすべて直営で無料とした。
各市民センターなどで年百七十五回、市の保健師、管理栄養士が対応する。

・・・あなたのお住まいの役所では、どのような対処をしましたか・・・?

メタボだと思っている人もメタボじゃないと感じてる人も
この機会にしっかり健診を受けましょう・・・!

自分のメタボ値を知ることは、大切なことです。
突然に訪れる諸症状が発生してからでは・・・厄介です!
備えあれば・・・憂いなし!・・・メタボ対策は・・・社会責任でもあります。

メタボリックシンドロームBLOOD-COM

メタボリックシンドローム症候群 

メタボリックと成人病 

血液サラサラコム

 

 


一言でメタボと言っても・・・病状の段階があります! [ストレス]

メタボでも肥満でも自分の肥満数値と血圧・体脂肪率ぐらいは・・・!

一言でメタボと言っても・・・その病気の侵攻状況を・・・!


症状 肥満を表現する指標として体格指数=BMIが用いられます。 
BMI(body mass index)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMI25以上を肥満としています。

最も病気を発生させにくい体格といわれています。
食生活などの環境要因も考慮した場合には、
日本人の基準はBMI22以下ともいわれています。

動脈硬化危険因子は一般に肥満で侵攻します。
内臓脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満に比し、さらに強いことが知られています。
内臓脂肪型肥満の基準は、CTでの内臓脂肪面積100cm2以上となってます。

内臓脂肪量の推定法としてウエスト周囲径を基準としています。
内臓脂肪面積100cm2に相当するウエスト周囲径は、
日本人の場合、男性85cm・女性90cmにです。

どうでか・・・あなたは・・・信号が黄色なら・・・まだ、走れば渡れる横断歩道!

でも・・・赤信号なら・・・事故に合う確率は・・・?

メタボリックシンドロームBLOOD-COM
メタボリックシンドローム症候群  メタボリックと成人病  血液サラサラコム

 


メタボのお友達・・・! [ストレス]



今回は・・・メタボブログのお友達を紹介します・・・!
皆さんそれぞれ・・・努力したり・・・悩んだり・・・のメタボライフです!

 それぞれ個性があって・・・そのテーマも異なりますが・・・
あなたのメタボブログ・メタボWEBサイトのリンクをします。
メタボリックシンドローム対応・・・BLOOD-COM あなたのメタボリック・ライフにお役立て下さい!
(順不動です・・・!)
メタボ成人病対策(ブログ日記です・・・メタボ情報つきの) >>>>
肥満がメタボリックに(肥満からの脱出ブログ日記です) >>>>


今日のメタボ関連アラート情報です・・・! [ストレス]


メタボ関連アラート情報です・・・!
男性ホルモンの減少が招く「男の更年期障害」
>>>>>

筋肉のエネルギー消費を調節=たんぱく質のスイッチ機能解明-
東大 血管の疾患などに関与しているたんぱく質が、
筋肉のエネルギー消費を調節する働きを持っていることを
東大循環器内科の永井良三教授らのグループが突き止めた。
別の小さなたんぱく質との結合・分離によってスイッチを・・・・ >>>>>>

BLOOD-COM・・・メタボの対応と予防>>>>


メタボ対策のキーワード! [ストレス]

344376550.jpg344376550.jpg344376550.jpg

メタボリック対策のキーワードは、レストア・・・!
磨き上げてください・・・あなたの身体・・・!

部品を取り換えるよりも・・・スポーツをしましょう・・・!
毎日出来る・・・歩くというテーマに遊びや趣味の要素を・・・!

ブログに掲載させる写真原稿の取材とか・・・ヒートUPさせる前に・・・!
薬は、各数値を抑えるだけのものより・・・!

人間の生きる力の限り・・・社会のために・・・年齢によって・個人差によって
それぞれ方法は、違うと思いますが、毎日継続的に出来る・・・!
遊び要素のあるスポーツを・・・!

BLOOD-COM・・・シンドローム対応法

 


血糖値が高いけど・・・♪ [ストレス]


 

最近、本格的にメタボリックシンドロームについて、
ブログを出してますが・・・?

実は、私は、ステロンド性糖尿病です。
これは、外傷性視神経症と言う交通事故の時のステロイドの
大量投与によるものからです。

地元の国立大学病院で入院中の同部屋の方に
糖尿病で目の手術をしてる方やメタボリックの方の知り合いができました。
しかし、その内2人が現在はこの世におりません。
メタボの恐ろしさを十分に学びました。

40歳代の方もいらっしゃいます。
ですからTVCMの「血糖値が高いけど・・・♪」・・・あの歌を聴くだけで
・・・気分を害します。
実際、入病するようなになった時点では・・・???
予防するしかないのです・・・?
それを心がけるのではなく、生きる者の責任として
計画を立て実行するべきだと思うのです。
家族や自分自身の人生のために・・・!

メタボリックシンドローム症候群 メタボリックと成人病 血液サラサラコム

糖尿病対策案が工夫! [ストレス]

 

食後血糖値の急上昇招く、炭水化物の摂取を工夫

糖尿病患者が血糖値を抑える効果的な方法に「食事療法」がある。
だが、「ごちそうが食べられない」「カロリー計算が面倒」など、実行が難しいのも事実だ。
簡単に楽しく続けられる食事療法はないか。
「なくそう減らそう糖尿病」第9部では、ちょっとした工夫と心掛けで、
血糖値抑制につながる食事の取り方を紹介する。
1回目は、カロリー計算ではなく、栄養素や食材の選び方に注目した食事術を取り上げる。
食後血糖値の急上昇招く、炭水化物の摂取を工夫・・・・

ダイエットで近年はやったのが・・・この手法です。
主食をとらない。

ご飯和食べずにおかずで満腹感を味わう・・・!
炭水化物は、燃焼しない・・・肉を食べ野菜を食べ・・・満腹感を味わう!

この方法で5~10Kg私は痩せることができた。

これもメタボ対策の一つになるかもしれない!
ただ、定期今朝は・・・忘れずに・・・!

メタボリックシンドローム症候群 メタボリックと成人病 血液サラサラコム

 


メタボリック予備軍へ・・・医学博士の解説! [ストレス]

メタボリックシンドロームの対策・その予防!

メタボリックシンドロームの対策・その予防!
を医学博士が動画で解説しているブログを見つけました。

メタボリックシンドロームの対策・その予防!で・・・知らなかった。

 メタボリックシンドロームの対策・その予防!です!
医学博士が抗議するメタボリックシンドロームの予防策には、驚きです・・・!
是非ご覧ください!

メタボリックシンドロームの対策・その予防!
メタボリックシンドロームから脱出>>>

 

 


メタボリック情報・・・ご提供! [ストレス]

松下電工株式会社は、メタボリック・ソリューションビジネスに参入するため・・・
と記事がありますた。
「身体活動量計アクティマーカー」を発売し、現在まで特定保健指導向けに順調に事業が推移しています。発売時よりアクティマーカーの解析ソフトをβ版として配布していましたが、
2008年6月10日より正式製品版として【アクティマーカー解析ソフト】を発売するということです。
詳しいことは・・・アフィリエイトではないので・・・松下電工のHPをご覧ください!

開発の経緯・・・はこちらへ
当社では、「身体活動量計アクティマーカー」を松下電器健康保険組合様や
トヨタ自動車健康保険組合様などの大手健康保険組合や健診機関などに販売してきました。

薬品業界・IT業界で様々なメタボリック対策関連事業が行われてます。
自分にあったメタボリック対策にこのブログをお役立てください・・・!

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。