So-net無料ブログ作成
検索選択

肥満にこの成分!・・・メタボリック対策! [メタボリックシンドローム]

大豆
大豆にアディポネクチン


「アディポネクチン」はメタボリックシンドロームと密接に関係するタンパク質で、近年、大阪大学で発見されました。

脂肪細胞から最もたくさん分泌され、内臓脂肪が蓄積すると、分泌が低下し、血中濃度は下がることが分かっています。
脂肪細胞から分泌される「アディポサイトカイン」と総称されるタンパク質の中では善い働きをする、いわゆる「善玉」に入ります。

体の中では消防隊に例えられます。メタボリックシンドロームで問題となる動脈硬化については、動脈の傷ができて、動脈硬化が進みそうなところへ行って修復します。つまり、大火事になる前に消し止める消防士のような働きをするわけです。

内臓脂肪がたまってメタボリックシンドロームの状態になると、アディポネクチンが低下して動脈硬化が進みやすいわけです。
また、アディポネクチンは血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを良くします。
つまり、メタボリックシンドロームとかかわりが深い糖尿病になりにくくします。さらに最近では、一部のがん患者さんで、血中濃度が低いことが知られています。

内臓脂肪がたまると、アディポネクチンは低下すると述べましたが、たまった内臓脂肪が減るとどうなのでしょう。もちろん、アディポネクチンは上昇し、動脈硬化の進展を抑止して、糖尿病の状態を改善する方向に向かわせます。
このことからも生活習慣の改善で腹囲を減らす、つまり内臓脂肪を減らすことに大きな意味があることがお分かりいただけると思います。

アディポネクチンとは>>

大豆を食べると血液中のアディポネクチンレベルが上がることも分かってきた。
大豆に含まれるタンパク質が脂肪細胞の中にあるアディポネクチンを合成する機能を高めるらしい。

なおこのアディボネクスチンは、Ⅱ型の闘病のほか、発がん性成分も抑えるすぐれもの!









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。