So-net無料ブログ作成
検索選択

メタボリックシンドロームは放置すると [メタボリックシンドローム]

メタボの基準 メタボリックシンドロームは放置すると、脳梗塞(こうそく)や糖尿病などになりかねない。

今年4月、厚生労働省が旗振り役となり、
メタボ該当者や予備群を見つけ出す特定検診・保健指導(メタボ検診)が保健所で始まった。

おなか周り(腹囲)に着目し、「男性85センチ、女性90センチ」を上回るかどうかを指標の1つとして重視する。
内臓の周囲にたまった脂肪を減らせばメタボ予防につながるとの考えから、
日本内科学会などが平成17年に日本人の健診データを踏まえて基準をまとめ、
昨年、厚労省が決めた。だが、糖尿病学会など専門家が参加している国際糖尿病連合は昨年以後、
メタボの判断基準として腹囲測定は「必須ではない」として、国際基準の検討を進めている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。