So-net無料ブログ作成
検索選択

高血圧症・・・? [メタボリックシンドローム]



アメリカの高血圧症…?

高血圧症・痛風・・・それは、運動不足?

高血圧症の方の急激な運動は、危険です…!
しかし、高血圧症からの動脈硬化を防ぐには、散歩が効果的です!
足の裏の欲し血管を刺激することがいいのでは…?

循環器系疾患の原因

運動不足ストレス喫煙、肥満高血圧、糖尿病、血糖値及びコレステロールの異常などが複合したもの。現代人のライフスタイルに問題があるという。

その予防にはアスピリンが効果的との研究成果が上がっているが、
アメリカの一般市民における使用率50%。


痛風
痛風は足の親指のつけ根や足の甲などが赤く腫れ、
「風が吹くだけで痛い」と言われるほどの激痛を伴います。
痛みの部位に尿酸が高濃度で蓄積していることが原因で、
痛風は高尿酸血症の症状の一つです。また、足先だけでなく、
ひざや手首など体の上部にも痛みが出てくるので注意が必要です。

 「喉元(のどもと)過ぎれば熱さ忘れる」と言いますが、
発作後、2、3日から1週間で痛みが和らぐと治療をやめてしまう患者さんが目立ちます。
しかし、痛風で恐ろしいのは、尿酸によって内臓が次第にむしばまれることです。
特に尿酸を排出する腎臓にたまると、尿に石が混じる尿路結石や腎不全を引き起こします。

現在、痛風の大半は体質によるものと考えられていますが、「ぜいたく病」と言われるように、
プリン体の過剰摂取など食生活の乱れや運動不足なども要因の一つです。このため、
痛風患者は高血圧脂質異常症、糖尿病などの
生活習慣病を合併する場合がよく見られます。

対策としては、尿酸排せつ促進薬などの投薬治療や食事療法があります。
摂取カロリーの上限を設けて食事制限を行うのがベストですが、
長続きしないのは否めません。
お酒なら、プリン体の多いビールより焼酎、肉ならレバーのような内臓系より
ロースやヒレを選ぶなど無理なく尿酸値を下げる習慣をつけることが大事です。
また、海草類や野菜、植物性たんぱく質の摂取も治療に有効です。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。