So-net無料ブログ作成
検索選択

オレンジ、リンゴ果汁も薬剤の効果に影響 [メタボリックシンドローム]

オレンジ、リンゴ果汁も薬剤の効果に影響
高血圧症の方で薬を処方されている方へ…!

ウェスタンオンタリオ大学(オンタリオ州ロンドン)教授のDavid Bailey氏らは約20年前に、グレープフルーツ果汁が
高血圧治療に用いられるCa(カルシウム)拮抗薬フェロジピン(商品名:スプレンジール)の血中濃度を増大させることを初めて報告した。
その後、ほかの研究グループにより、グレープフルーツ果汁との相互作用を示す薬剤が次々と明らかにされており、
米国家庭医学会(AAFP)によると、
医師らは以前から、高コレステロール、高血圧、心拍異常、などのための特定の薬剤を使用する人にはグレープフルーツ果汁の摂取を避けるよう警告しているという。
続きはこちらからアメリカの医療>>

今回の研究では、グレープフルーツのほか、オレンジやリンゴの果汁が 一部の薬剤の吸収率を「低下させる」可能性のあることが判明した。 抗癌(がん)薬エトポシド(ベプシドほか)、高血圧治療および心疾患予防に用いられるアテノロール(テノーミン)およびtalinolol(Cordanum)などの一部のβ(べータ)遮断薬、 臓器移植の拒否反応の抑制に用いるシクロスポリン(サンディミュンほか)や、 シプロフロキサシン(シプロキサシンほか)、レボフロキサシン(クラビット)、イトラコナゾール(イトリゾールほか)など 一部の抗生物質がこれにあたる。Bailey氏はさらに、抗アレルギー薬フェキソフェナジン(アレグラ)を グレープフルーツ果汁とともに摂取すると、 水とともに摂取した場合に比べて薬剤の吸収量が半分になることを突き止めた。





自動車保険一括見積り - 保険市場Autos


保険比較の保険市場








タグ:高血圧
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。