So-net無料ブログ作成

昔はインシュリン・今はインスリン・・・! [ストレス]



メタボリックを自分なりに研究していくと・・・インスリンと言う言葉に引っかかる。
インスリンとはなんだんでしょう。
メタボリックには・・・インスリン・・・インスリン・・・インスリン

インスリンインシュリン、insulin)は、すい臓に・・・・・・・・
ペプチドホルモンの一種・・・・切り放された部分を指す。
とまったくいみふめいである。

要するにそのインスリンと言うのは、炭水化物の代謝を調整するものらしい。
ぶどう糖、、カリウムの取り込んでタンパク質合成の促進させる。
・・・・難しくて分からない。
全体として異化を抑制して各種貯蔵物質の新生を促進する傾向にある。
腎尿細管における・・・・???

とにかくインスリンは血糖値の恒常性維持に重要なホルモンらしい。
昔は、インシュリンなんて、言っていて・・・糖尿病の人が・・・注射していたやつらしい!
逆にインスリンの分泌は血糖値の上昇に依存する。

メタボリック・・・なんてここ何かに言われていて・・・いわゆる生活習慣病ですから・・・?
文明人には・・・仕方がない病気群なのです!
もちろん、予防や極度の肥満は・・・命取り・・・!
また、年齢にもよる・・・メタボリックの基準が・・・もう少し分かりやすくなればいい。
例えば、メタボレベル1から10に分けて欲しい。

殆ど成人が・・・メタボリックメタボ・メタボと騒いているけど
自覚症状がなく・・・「死んでしまう!」ならそれはそれで・・・??
でも・・・寝たっきり・・・???
とにかくメタボリックと戦うしかないか・・・?

インシュリンは、代謝といくつかの他の本体システム(例えば脈管迎合性)に
対する大きな効果によるホルモンです。
存在するとき、それは大部分の体の細胞が、グリコーゲンとしてそれを肝臓と筋肉に保管して、
血(肝臓、筋肉と脂肪組織細胞を含む)からブドウ糖を始める原因になって、エネルギー源として脂肪の使用を止めます。
インシュリンが不在の(または低い)とき、ブドウ糖は大部分の体細胞によって始められません、
そして、体はエネルギー源(すなわち脂肪組織からエネルギー源としての
動員のための肝臓への脂質の移動)として脂肪を使い始めます。
そのレベルが中心代謝調節メカニズムで、
その地位が他の本体システム(例えば体細胞によるアミノ酸取り込み)への制御信号としても使われます。
それは、体を通していくつかの他の同化作用影響を持ちます。
インシュリンの制御が不能となると、真性糖尿病は起こります。
メタボリックシンドロームYAHOO メタボリックシンドロームBLOOD-COM メタボリックシンドローム症候群  メタボリックと成人病  血液サラサラコム  メタボBLLOD-COM2


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。